育毛の達人公式ブログ
no

亜鉛育毛

例えば、上述のサバを1日2尾食べ、牛肉200gを1日2食とり、ごはんなども毎食食べ、亜鉛サプリ(1粒亜鉛15mg)を育毛のためと二粒飲んだとしましょう。

このとき、毛母細胞を活性化させる成分を摂取することによって、育毛の効果を得ることができるのです。この毛母細胞を活発にさせる成分の一つとしても亜鉛があてはまる のです。

亜鉛の摂取目安量に到達するためには「お菓子だけの食事」など非常に偏った食事をさけ、比較的バランスのいい食事をとればいいです。なお、サプリメントなどで亜鉛を補ってもいいですが、その際は過剰摂取に十分気を付けましょう。銅欠乏の状態となり、逆にハゲることもあるためです。

すると、亜鉛摂取量:8.4×2 + 5.7×2×2 + 1.2×3 + 15×2 = 63mgとなります。なお、同時に食べる他の食材にも亜鉛は含まれているので、これ以上の量を摂取することもあるといえます。

それでは、薄毛を治療するためには、具体的にどの程度の亜鉛を、どの程度の頻度で摂取するといいのでしょうか。

結論からいいますと「亜鉛の摂取は薄毛の回復に有効的」 といえます。

ここでは「薄毛治療には亜鉛の摂取が有効か」「育毛に効果がある亜鉛の摂取量と頻度」について解説しました。

この亜鉛11mgとはどの程度の量なのか、亜鉛の含有量が多い食べ物を元に考えていきましょう。

育毛のためには、適切な亜鉛の摂取が必要不可欠であり、一日11mgを摂取するといいです。なお、亜鉛の摂取は朝昼夜に均等に行った方がより、薄毛治療にとって効果的です。

Copyright (C) 2013 亜鉛(ZINC)の育毛効果 All Rights Reserved.

■ケラチンの合成をサポートする「亜鉛」

成人男性の亜鉛の推奨摂取量は厚生労働省の情報によると、1日あたり11mgとされています。

そのため、「お菓子だけの摂取」や「極端なダイエット食」のような悪い生活習慣にさえしていなければ、基本的に亜鉛の推奨摂取量を超すことができます 。

このような状態では、AGA治療に必要な亜鉛の摂取量を満たしていないかもしれないという懸念を抱えていました。そのため、サプリメントで一時的に亜鉛を補うことも行っていたこともあります。

急性の症状がでるほど亜鉛を摂取することは少ないと思いますが、気になった部分として60mgの亜鉛を10週程度とり続けると、銅の吸収に問題が出るという部分です。