育毛の達人公式ブログ
no

上項で 育毛剤と発毛剤の違いについてご理解頂けたかと思います

似ているようで効果や目的が異なる育毛剤と発毛剤。しかし、毛髪の悩みが進行する前に、早い段階でお使いいただいたほうがいいのは共通点です。ご自身の毛髪や頭皮の状態をしっかりと見定め、育毛剤か発毛剤のどちらかをお選びください。

発毛剤の分野では大正製薬が手掛けるミノキシジルを配合したリアップがあるが、発毛剤は育毛剤に顧客を奪われて市場が伸び悩んでいる。

育毛剤と発毛剤の違いを解説するうえで重要になるのが、医薬部外品と医薬品についてです。医薬部外品は、主に症状の予防のために使用するもので育毛剤が当てはまります。医薬品は疾患や症状を治療するもので発毛剤が当てはまります。
以上のことからわかるように、育毛剤は薄毛や抜け毛を予防して毛髪の健康を維持するためのもの。発毛剤は、壮年性脱毛症による薄毛や抜け毛を治療して改善させるためのものと、2つを分けることができます。

医薬部外品の育毛剤には、頭皮の血行を促したり、頭皮に栄養を与えたりすることで健康的な毛髪を育てる効果が期待できます。それによりハリコシがあり、抜けにくい健康的な毛髪へと導きます。また、頭皮を健やかに保つ効果も期待でき、ふけやかゆみなどの頭皮トラブルの予防にも役立つため、薄毛や抜け毛にお悩みの方だけでなく、幅広い方にお使いいただけるのも特徴です。
一方で医薬品の発毛剤(外用剤)には、発毛を実現する成分ミノキシジルが配合されており、新しい毛髪の発毛と成長を促す効果が期待できます。成長期の毛乳頭細胞に直接働きかけることで毛母細胞を活性化させ、ヘアサイクルの乱れを正常に戻し、新たな毛髪を発毛させたのちに強くたくましい毛髪へと成長させます。
すでにある毛髪を強く成長させるだけではなく、新しく生やし、さらに毛髪を育て定着させるのが発毛剤の効果です。

育毛剤と発毛剤ではそれぞれ効果が異なるため、毛髪の状態によって使い分けることが大切です。
現状、毛髪のボリュームダウンやハリコシの低下が気になっているという方は、育毛剤を選ぶのがおすすめです。今ある毛髪を大切に育てながら、頭皮状態を向上させて抜け毛を防ぐ効果も期待できます。
一方、頭皮の脱毛が目立っているという方や髪を増やしたいという方には、発毛剤が最適です。対象は壮年性脱毛症の方に限られますが薄毛や抜け毛を効果的に改善させることができます。

結果は、育毛剤と発毛剤の効果・効能の違いを正しく理解している人はわずか3%でした。育毛剤もしくは発毛剤を使用している人ですら、約10%の人しか理解していないことが分かりました。

上項で、育毛剤と発毛剤の違いについてご理解頂けたかと思います。 では、世の中の人はこの違いについてどのくらい理解されているのでしょうか?
アンファー株式会社では、男性1,000人を対象に “薄毛や抜け毛”悩みの対処法である育毛剤や発毛剤に関しての調査を実施しました。

同成果に関して研究チームは「今回開発した毛包イメージングは、皮膚の中にある毛包の活動を捉えることで、自然な状態の毛周期をモニタリングできる画期的な方法。今後、この方法が発毛剤による発毛促進効果の評価に適しているかなど、詳細に検討する予定」とコメントしている。