育毛の達人公式ブログ
no

1日の抜け毛の半分以上はシャンプー時に抜けています

ブラッシングをした後も、抜け毛が気になるものですね。ブラッシングでもすでに抜けた毛が浮いてきますが、無理にとかそうとすると髪がひっぱられて抜けてしまったり、途中で切れてしまったりするので注意しましょう。他にも、寝て起きた時に枕やシーツに抜け毛がついているものです。全てをトータルして100本くらいが許容範囲と考えて、簡単にチェックしてみるのもいいかもしれません。

・抜け毛・薄毛対策には、生活習慣の改善や市販の育毛剤など、自分で出来ることも存在します。しかし、もし本当に悩んでいるなら「ぜひ頭髪専門医の治療を選択肢の一つに」と、浜中先生は語ります。

では、毛は1日のうちにどのタイミングで抜けているのでしょうか。やはり1番多いのは髪を洗っている時です。1日の抜け毛の半分以上はシャンプー時に抜けています。ただし全ての抜け毛がシャンプー時に初めて抜けるわけではなく、すでに抜けていた毛がお湯で流すことによって髪から洗い出されることがほとんどですから、よほど乱暴な洗い方をしない限りは、シャンプーが原因で抜けてしまうということはありません。

抜け毛対策をしつつ、髪のまとまりも気にしたい人にピッタリのシャンプーですね。

うるおいがあって、柔らかい状態の頭皮は、抜け毛に強いんです。

・自分でできる抜け毛対策として、“毎日のシャンプー習慣を見直すこと”も重要です。きちんと汚れを落とし、清潔に保つシャンプーは、髪の土台ともいえる“頭皮環境”を整える大切なステップ。

ブラシについた抜け毛を目にすると「自分ばかりがたくさん抜けているのでは?」と心配になりませんか?ですが、髪は日々かなりの本数が抜けるのが普通です。ここでは、髪の成長サイクルや抜け毛の本数を変化させる要因など、抜け毛の本数についての基本的な知識をまとめています。

抜け毛の量は季節によって変化がある他、「過度な美容やダイエット」、「産後」や「ピルの使用をやめた直後」もホルモンバランスの異常や乱れなどの問題から抜け毛の量が増え、しかも半年近く続くこともあります。

日常生活で抜け毛が増えてくると、このような悩みが生まれますよね。

ある程度の抜け毛は、正常な現象なので、気にしないようにしましょう!

1品100本といっても自分で調べるのは難しいですよね。そこで、抜け毛が多くなりやすい原因を4つ教えます。

一般的な1日の抜け毛の本数は、50本から100本程度と言われています。100本というとかなり大量に感じる方も多いかもしれませんが、髪の全体量は10万本なので、「1日に髪全体の0.1%が抜けている」と考えれば、そう不思議なことでもないのではないでしょうか。

抜け毛予防は頭皮を健康な状態に保つことが大切です。マッサージや毛穴クレンジングなどの頭皮ケアを見直し、生活習慣の改善も心がけましょう。

1年のうち、もっとも抜け毛が増える時期と言われている季節は秋です。秋になると、1日200本以上抜けることも珍しくないのだそう。秋に抜け毛が多い理由は、「動物と同じように冬毛になる」「夏の日焼けやダメージが影響して抜け毛が増える」などが考えられますが、通常は1ヶ月もしないうちに、元通りの抜け毛の量に戻ります。

育毛剤を使って頭皮の血行を良くしたり、育毛に必要な亜鉛を頭皮に補給することで、抜け毛を少なくすることができます。男性用はもちろんですが、女性用の育毛剤や、育毛シャンプーなどもありますので、活用してみるのも一つの手です。