育毛の達人公式ブログ


ヘアケア商品選びで迷いやすいもののひとつに「シャンプー」があげられます。まず世間に出回っているシャンプーの種類が数千以上もあるためです。

育毛、抜け毛予防に気を使っている読者の皆様は、まずは安全性の高いシャンプーを選択すべき、ということは基本中の基本として理解されているかと思います。

よくシャンプー解析サイトなどもあるのですが、実際のところ解析点数をつけたところで本質は全く分からないことがほとんどです。もっと突っ込んで言いますと、評価は全くあてにならないことが少なくありません。

と言うのは、第三者にはシャンプーの成分配合量が分からないからです。これは企業秘密で外部に伝わることはありません

例えば、二人の料理人が全く同じ材料と調味料を使って勝負したとしましょう。しかし調理方法や調味料をどれくらい使うかで味付けや栄養バランスはまったく変わってきます。

これと同じで、シャンプーのラベル記載にある成分表を見ただけでは、危険な成分がはいっていない安全なシャンプーかどうかなど、おおまかなことしか分からないのです。

(これを逆手にとって、あれこれと髪によいとPRする成分は実は微量配合、それ以外は安価なシャンプーと大差ないようなスカルプシャンプーを、あたかもヘアケア育毛スカルプシャンプーを謳ってアフィリエイターをけしかけて荒稼ぎしているような、消費者への誠意が感じられないメーカーもみかけます)

さらにシャンプー選びが難しくなる原因は、あっていると感じていたシャンプーでさえも継続的に使っていると、「あれ、ちょっと違う」という違和感がでてくることがあります。

なぜなら個人、個人の体質や加齢、季節や食事内容による環境で頭皮も感じ方も変わってくるためです。人間の身体は環境に順応するため、季節により体温調整のため毛穴を閉じたり開いたりします。毛穴の奥にある汗腺や皮脂腺は、夏には分泌が活発になり、冬には毛穴を閉じ活動を少なくします。

個人的にいちばん良いと思うのは、あまり派手に宣伝をしていないシャンプー(そのような商品ほど、原価の9割が宣伝費だと考えて下さい)、かつ危険性のある成分は排除したものを選ぶことだと思います。

ちなみにシャンプー自体で育毛、発毛効果を出すものは広い世界を見渡しても一切ありません。なぜならシャンプーの目的は汚れを落とし髪と頭皮を労わることだからです。育毛剤と違い、洗ったらお湯で洗髪剤を洗い流しますので、育毛剤のように頭皮に残留させることはNGです。

頭皮環境を発毛させやすいものにするのがスカルプシャンプーです。しかし、あたかもシャンプーによって髪が生えてくるかと誤認させる宣伝があったとしたら、この時点で誇大広告だと考えられます。

いろいろ試して最適なシャンプーを見つけて下さい。