育毛の達人公式ブログ
no
Pocket

基本的に育毛シャンプーは 頭皮の環境改善を徹底的に考えた製品

水の代わりにオーガニックハーブティーを使用しているという、さらっとしたテクスチャのハーブガーデンシャンプー。

そこでおすすめと考えられているのが、「アミノ酸系」もしくは「ベタイン系」の洗浄成分を配合したシャンプーとなります。これらの洗浄成分は、頭皮への刺激が極めて少なく、必要な皮脂を残しながら皮脂汚れも落とすのに効果的とされています。

1回目は、シャンプーを手で軽く泡立ててから、髪の表面になじませてざっと洗い流します。2回目は、髪を泡立てネット代わりにして濃密な泡を立てて、指をつかわずに泡を頭皮に押し込むように密着させましょう。その状態で少しおけば、泡で皮脂や汚れが分解されます。

男性の加齢に伴った悩みの1つに、「薄毛」が挙げられます。育毛剤や発毛剤などさまざまなヘアケア製品がありますが、毎日の洗髪の中で手軽に使い始められるものに「育毛シャンプー」があります。アンファーの「スカルプDシャンプー」などは、ドラッグストアでも市販されているので、目にしたことがある方も少なくないでしょう。

育毛シャンプーには、頭皮への負担が極めて少ない洗浄成分や、頭皮の血行を促進する成分などが含まれています。現在薄毛で悩まれている方だけでなく、将来への薄毛対策としても育毛効果が期待できると考えられています。

今回の洗浄力検証は溶液にくぐらせる形で実施したため、オイルクレンジングとは相性が悪かった可能性があります。その点も踏まえると、今回の順位以上のポテンシャルを持ったシャンプーと言えるかもしれません。

女性向けスカルプシャンプーであるマイナチュレが大健闘、控えめな洗浄力ながら、肌への優しさと使い心地のよさが高評価に繋がりました。嫌味のないオーガニックな香りもポイントです。

・皮脂をすっきり洗い流し、フケやかゆみを防止・地肌をすこやかに保ち、ハリとコシを与える・シリコンや合成界面活性剤など不使用の無添加ハリやコシを与え、フケやかゆみを抑える地肌にやさしい育毛シャンプー。石鹸成分のみで洗い上げることで、過剰に皮脂を洗い落さず、最適なバランスに保つ。そのため、毛髪本来のハリとコシを与えてすこやかな状態に。また、もっちりとした泡が毛髪に負担をかけない。泡切れがいいのでさっと流すだけでさっぱりとした洗い上げ。シリコンや合成界面活性剤などが不使用の無添加シャンプーで頭皮にやさしい。頭皮のことを考えてやさしく洗えるシャンプーを使いたい人、泡立てる手間を省きたい人におすすめ。

育毛シャンプーの選び方とは、実は「良いシャンプーの選び方」そのものでもあります。基本的に育毛シャンプーは、頭皮の環境改善を徹底的に考えた製品。ということはつまり、シャンプーとして基本的に高性能とも言えるのです。成分も上質なものが使用されていることになるでしょう。

アクティシャンプーRは、頭皮の悩みをサポートするリーブ21が発売するシャンプーです。リーブ21の店舗でも実際に使用されており、頭皮をすこやかに保つための入口として役割を果たしているそう。検証結果も実績に違わぬ優れものでした。ほどよい洗浄力がありながら、低刺激性に優れ使い心地もばっちり、と理想的な仕上がり。髪のきしみが気にならないのも嬉しいですね。

どんなに低刺激&高保湿なシャンプーを使っても、洗い方を間違えていると頭皮にダメージを与えかねません。そこで今回は、サイエ式育毛サロンで約5万人の毛髪トラブルを解決してきた小林さんに、育毛のためのシャンプー法「サイエ式シャンプー法」をお聞きしました。

クリアフォーメンのトータルケアシャンプーは、洗浄力こそ高かったもののそれ以外はいたって平均的なシャンプーです。