育毛の達人公式ブログ
no
Pocket

2人に1人が「薄毛・抜け毛が気になる」

育毛剤を選ぶ際のもうひとつのポイントは「自分はどんな理由で脱毛や薄毛に至っているのか」を把握することです。例えば遺伝による薄毛と考えられるものなのか、それとも一時的なストレスによってできた脱毛を克服したいのか、目的を明確にする必要があります。加えて、自分の体質を知ることも必要です。例えばアレルギーを持っている人は、事前にパッチテストを行うことも大切です。

薄毛の進行には、頭皮環境の悪化や頭皮の栄養不足が関係しています。

本格的な頭皮ケアに入る前に、お客様の頭皮の状態をチェックします。
WELLKINでは、最大600倍率の偏光レンズが搭載された診断機器で頭皮タイプや毛穴状態、毛髪の太さや密集度などを診断しお客様の薄毛のステージを正確に判断いたします。

2人に1人が「薄毛・抜け毛が気になる」

つまり、発毛剤は、壮年性脱毛症による薄毛や抜け毛を治療して改善させるためのもの。育毛剤は、毛髪の健康を維持し、脱毛(抜け毛)を防ぐためのものと、目的に違いがあるのです。簡単にいうと、発毛剤は「髪の毛を生やす」、育毛剤は「脱毛の予防」と認識してもいいでしょう。

さて、この超音波ブルブルマシーンが発売されるのは楽しみに待つとして、薄毛ケアを今すぐ始めたいという方には、日本医科大学形成外科・ヘアメディカルグループの共同研究結果から生まれた、頭皮マッサージ法がある。

男性の薄毛や抜け毛の原因を知っていますか? 主な原因は「男性ホルモン」。アンファーの調査では、それを理解している人は約50%だということがわかりました。しかし、「発毛効果が期待できる成分は?」という質問に対して、「ミノキシジル」と答えた人は約15%という結果に。また、医薬品である発毛剤と、医薬部外品である育毛剤の違いを理解している人は、わずか3%でした。

また、薄毛や抜け毛の対策には、生活習慣の見直しと同時に、育毛に効果的なシャンプーや育毛剤を取り入れるとより効果を感じられるでしょう。

さまざまな原因が考えられますが、ホルモンバランスの乱れや、遺伝、ストレス、また食事をはじめとした生活習慣などが大きく影響することが多いようです。ただ症状が千差万別なように、原因も人によってさまざまなものがあるとされています。 加齢による薄毛は、老人性脱毛症に分類されます。

毛髪について理解したところで、どのようなスカルプケアが自分に合うかを知ることが重要です。
一般的に発毛剤は医薬品、育毛剤は誰でも使用できる医薬部外品となっています。発毛剤(医薬品)は、脱毛症を治療するもの、つまり、その疾患を有する人に使用可能者が限定されるものです。また、育毛剤(医薬部外品)は、主に薄毛や脱毛の予防のために使用するものとなっています。

上項で、育毛剤と発毛剤の違いについてご理解頂けたかと思います。 では、世の中の人はこの違いについてどのくらい理解されているのでしょうか?
アンファー株式会社では、男性1,000人を対象に “薄毛や抜け毛”悩みの対処法である育毛剤や発毛剤に関しての調査を実施しました。

育毛剤と発毛剤ではそれぞれ効果が異なるため、毛髪の状態によって使い分けることが大切です。
現状、毛髪のボリュームダウンやハリコシの低下が気になっているという方は、育毛剤を選ぶのがおすすめです。今ある毛髪を大切に育てながら、頭皮状態を向上させて抜け毛を防ぐ効果も期待できます。
一方、頭皮の脱毛が目立っているという方や髪を増やしたいという方には、発毛剤が最適です。対象は壮年性脱毛症の方に限られますが薄毛や抜け毛を効果的に改善させることができます。