育毛の達人公式ブログ
no

薄毛に悩む女性の方へ レディースセットをご用意しております

AGA(男性型脱毛症)の男性に多く見られる「無毛」ではなく「うぶ毛」が生えている状態。これは毛包が活動を続けていながらもヘアサイクルが乱れ、成長期の期間が短く毛髪が太く成長し硬毛になる前に抜けてしまうため、徐々にボリュームが減り、「うぶ毛」の状態(=地肌が見えるように)に見えてしまうのです。 このヘアサイクルの乱れにはさまざまな原因が考えられ、薄毛・抜け毛で悩む男性一人ひとり異なります。成長期が短いほどヘアサイクルは速くなるため、毛髪は細く、短い状態で1周してしまいます。

薄毛に悩む女性の方へ、レディースセットをご用意しております。
発毛・育毛に効果的な治療薬とマルチビタミンなど栄養不足の髪へぴったりのサプリメントを揃えました。

――通院される患者さんは、どのような方が多いですか?
「私が外来で患者さんと接していて一番多い悩みは、今までできていた髪型ができなくなってきたというものです。他にも、服が似合わなくなってきた、髪のことを友人や家族から指摘されたなど、気になるポイントは人それぞれです。通院される患者さんの層は20〜40代前半ですが、外観が気になっている方もいれば、抜け毛の増加にともなう進行が不安な方、そして今は症状がなくても将来が不安な方も…。髪の悩みは、年齢を問わず本当にさまざまといえますね」

――効果が出やすいタイミングなどはあるのでしょうか?
「治療が効果的なのは、薄くなり始めた時期ですね。時間が経ちすぎると、髪の毛の再生能力が弱まって反応しづらくなってきます。病気と同じで、症状が重くなってからでは治すまでの時間や労力も大きくなりますし、場合によっては、治療費も掛かってきます。そういう意味でも、早めの治療がいいと思います」

――治療にかかる費用はどのくらい?
「内服薬は、1カ月あたり7020円〜1万8900円(税込み)。毛根直下に直接お薬を導入する『ノーニードル育毛メソセラピー』(1万9440円/1回税込み)という方法もあります」

――治療をやめると、また薄毛になってしまうのでしょうか?
「身体の中の“悪玉男性ホルモン”が完全になくなるわけではないので、AGA治療は“永遠に髪の毛が薄くならない身体を手に入れる治療”ではありません。薄毛になっている状態に対し発毛の治療を行うことで、まず今の症状を改善します。その後は、良い状態を維持するべくコントロールすることが重要で、再度、薄毛が進行したら維持のための治療を行います。また安定している場合、治療をやめることも可能です。AGA治療を行うことで、髪の毛の寿命が延び、人生における髪に悩む期間のコントロールにつながるといえるでしょう」

――銀座総合美容クリニックの目指すAGA医療は?
「治療で一番大切にしているのは、患者さんの悩みに寄り添うことですね。例えば、毛量の多い20代の方が薄毛予防の目的で来院された際、診断の結果治療の必要がない場合は、その旨もちゃんとお伝えしていきます。患者さんの満足、不安の解消につながるなら、もちろん予防の治療も行います。ひとりひとりに合わせた診療を行うことを何より大事にしています」

さらに、頭皮が蒸れやすい帽子やヘルメットなどにも注意しよう。頭皮が炎症を起こし、薄毛の原因となることも。とにかく髪や頭皮は清潔にしておこう。

女性の薄毛には主に次のようなものがあります。

常に患者さん目線での医療を心掛ける、AGA治療・薄毛治療専門クリニック。最新の医療技術を追求しつつ、患者の負担を配慮し安心価格での治療をモットーとする。費用をはじめ医療内容の情報開示も積極的であり、患者の悩みに寄り添った治療を行っている。

家系や体質を考えた場合、薄毛のリスクは普通です。親族に薄毛の方が多い場合は、予防という意味で日々のヘアケアに気を使いましょう。カラーリング整髪料の使い過ぎは髪に負担をかけますから極力控え、刺激の少ないシャンプーで毎日髪を洗いましょう。

野本先生の話を総合すると、薄毛予防に有効なのは「シャンプーの量を減らしてしっかり泡立ててから洗うこと」、「肉や魚をしっかり食べること」、「毛染めの回数を減らすこと」、「ホルモンを急激に下げないよう漢方薬を服用する」といったことが挙げられます。とはいえエストロゲンは確実に減っていくものですから、どんなに予防を徹底しても、若いときとまったく同じ髪の状態を維持することはできません。そうなった場合は、ウィッグを使用するのもオススメだと先生は言います。

「人の顔は長くなると老けて見えるものなのですね。 我々美容皮膚科医は、下がった頬の位置を高くみせるような施術をおこなうのですが、これは、そうすると頬の長さが笑ったときのようにやや短くみえて、若々しい印象を与えるためです。同様に髪が薄くなって額が広くなると、やはり顔が長くなって老けて見えます。歳をとると『若く見えるから』と帽子をかぶる方が増えますが、これも顔の一部が隠れて相対的に顔が短く見えるからなのです。だから、どうしても薄毛を防止しきれなくなったときは、ファッションとしてウィッグを着けて顔の長さを調節するということも、気軽に検討してほしいと思います。 もちろん粗悪なウィッグを着けると蒸れて逆に炎症が起きてしまいますから、クオリティは大事ですよ!」

こうしてお話を伺ってみると、いつまでも若々しい髪でいる方法はいっぱいありますね。ぜひ、気になったものを試されてください!

私はこれまで2万人近くの方の頭部を見てきました。お客様のお話を伺ってきて思ったのは、薄毛を促進してしまう行動が多いことです。しかも、育毛に良かれと思ってやられていることの多くが、逆に薄毛を招いています。薄毛対策でまず大事なのは、毒素を除去することです。せっせと育毛剤を振りかける方も多いのですが、毒素がある限りは解決には至りませんし、毒素を消すだけでも髪が生えてくることも多いのです。

日本人男性の3人に1人は薄毛を気にしているといわれています。近年は、女性の薄毛の悩みも増加する傾向にあります。背景には、ホルモンの影響、遺伝的要素、食生活、ストレスなどの理由が考えられています。

家系や体質を考えた場合、今のところ薄毛の可能性は少ないでしょう。親族に薄毛の方が多くないかぎり、それほど薄毛の心配をする必要はないかもしれません。きちんと寝る、バランスの良い食事をとるなど規則正しい生活を心掛け、シャンプーを毎日行うといった基本的な生活の部分に目を向け、健康な髪を守っていきましょう。

やっぱり薄毛には、遺伝的要素が大きく関係している。でもお手入れ次第で、薄毛を食い止めることができるようになってきた。逆に、親も親戚にも薄毛がいないからと安心して、不摂生をすると薄毛になることだってあるので、注意!

ミノキシジルを6ヶ月以上継続している方は、医療脱毛の都度払いプランが半額なります。薄毛治療と医療脱毛のどちらも行いたい方には大変お得なセットです。

家系や体質を考えた場合、薄毛の可能性は多い方だと思われます。男性型脱毛症の場合、早ければ10代後半から、一般的には20〜30代のうちに徐々に毛量の低下が始まります。抜け毛の増加が薄毛進行のサインとなりますから、抜け毛の中に細いものや短いものが混じりはじめたら気を付けましょう。まずは専門の医療機関に相談してみましょう。

一生抜け落ちない毛髪はありません。必ず一定の期間が過ぎると自然に抜け落ちてしまいます。しかし毛髪にはヘアサイクルと呼ばれる仕組みが備わっているため、抜け落ちたところにはまた新しい毛髪が生えてくるのです。このくり返しが正常であれば、いわゆる「薄毛」「ハゲ」とは無縁な状態です。
男性の場合、平均すると毛髪が生えてから抜けるまでの1サイクルは3~5年。その期間の中には成長期、退行期、休止期と呼ばれる期間があり、毛髪が伸びる成長期の長さで毛髪の太さや長さが決まります。(平均2~6年と言われています。)この周期は毛髪それぞれがランダムに流れているため、数十万本とある毛髪が一気に入れ替わることはまずないので、抜けた実感、生えた実感を得ることは難しいでしょう。