育毛の達人公式ブログ
no

効果と使い心地にこだわった育毛剤

結果は、育毛剤と発毛剤の効果・効能の違いを正しく理解している人はわずか3%でした。育毛剤もしくは発毛剤を使用している人ですら、約10%の人しか理解していないことが分かりました。

○生薬配合の有効成分が発毛促進○フケ、カユミ、薄毛、発毛促進に○脱毛の気になる方、薄毛の気になる方のための発毛促進を目的とした育毛剤です。○豊かで健康な髪を育てるためには、地肌のお手入れが大切です。洗髪後や朝晩に薬用・加美乃素S-II…

をもとに、カスタムライフ編集部で、自分にぴったりの商品が見つかる育毛剤ランキングを作成しました。

育毛剤と発毛剤ではそれぞれ効果が異なるため、毛髪の状態によって使い分けることが大切です。
現状、毛髪のボリュームダウンやハリコシの低下が気になっているという方は、育毛剤を選ぶのがおすすめです。今ある毛髪を大切に育てながら、頭皮状態を向上させて抜け毛を防ぐ効果も期待できます。
一方、頭皮の脱毛が目立っているという方や髪を増やしたいという方には、発毛剤が最適です。対象は壮年性脱毛症の方に限られますが薄毛や抜け毛を効果的に改善させることができます。

医薬部外品の育毛剤には、頭皮の血行を促したり、頭皮に栄養を与えたりすることで健康的な毛髪を育てる効果が期待できます。それによりハリコシがあり、抜けにくい健康的な毛髪へと導きます。また、頭皮を健やかに保つ効果も期待でき、ふけやかゆみなどの頭皮トラブルの予防にも役立つため、薄毛や抜け毛にお悩みの方だけでなく、幅広い方にお使いいただけるのも特徴です。
一方で医薬品の発毛剤(外用剤)には、発毛を実現する成分ミノキシジルが配合されており、新しい毛髪の発毛と成長を促す効果が期待できます。成長期の毛乳頭細胞に直接働きかけることで毛母細胞を活性化させ、ヘアサイクルの乱れを正常に戻し、新たな毛髪を発毛させたのちに強くたくましい毛髪へと成長させます。
すでにある毛髪を強く成長させるだけではなく、新しく生やし、さらに毛髪を育て定着させるのが発毛剤の効果です。

上項で、育毛剤と発毛剤の違いについてご理解頂けたかと思います。 では、世の中の人はこの違いについてどのくらい理解されているのでしょうか?
アンファー株式会社では、男性1,000人を対象に “薄毛や抜け毛”悩みの対処法である育毛剤や発毛剤に関しての調査を実施しました。

「薄毛は遺伝なの?」「育毛剤は薄毛に効果がある?」男性なら一度は髪の毛について悩んだことがあると思います。ドラッグストアなどに行くと、さまざまな育毛剤が販売されていますが、育毛剤にも2つの種類があるって知っていますか? リアップやカロヤンガッシュに代表される医薬品に分類されるものと、アデノゲンなどの医薬部外品に分類されるものです。医薬品は脱毛の防止、育毛または除毛の効果があると記載されていて、医薬部外品の商品は「発毛」の保証は一切ないのです。しかし、医薬品のなかでもカロヤンガッシュは「脱毛の予防」という効果のみ記載されていて、「発毛」は保証されていません。その一方で大正製薬からでている「リアップ」はその成分のミノキシジルのおかげで「発毛」する成分が入ってると、厚生労働省が認めています。しかし、大正製薬がだしているリアップですらもはっきりと効果が出るのは30人にひとりだけなんです。それにくわえて、バイアグラがもともと心臓病の薬で、たまたま勃起効果が副作用としてあってそれを主作用にして売りだしたのと同じように、リアップはもともとは血圧を下げる薬で、その副作用として毛が生えたため、育毛剤になりました。なので心臓に悪い、低血圧のひとはリアップを使うと危険なんです。次に医薬部外品にはアデノゲンなどがありますが「発毛」とは表記せず「発毛促進」として言葉を濁しています。このように身近な食品や医薬品の恐ろしさを『コンビニの買ってはいけない食品 買ってもいい食品』の著者・渡辺雄二氏、元2ちゃんねる管理人・ひろゆき氏、『週刊金曜日』代表の北村肇氏が暴きます。

生体内薬用成分「アデノシン」を配合した発毛促進・育毛剤です。 発毛促進因子(FGF-7)の産生、毛根の成長期の延長、血行促進効果が発毛を促進させ、しっかりとした髪に育てます。 容量2倍 お得なラージサイズ。 ◇お肌に傷やはれもの・湿し…

9種の有効成分と毛髪成分のシスチン誘導体(保湿剤)を配合した女性用育毛剤です。女性の衰えた髪を毛根からサポートし、ハリ・コシ・ボリューム感のある髪を育てます。【ご使用上の注意】頭皮に異常が生じていないかよく注意してご使用下さい。頭皮に…

育毛剤と発毛剤の違いを解説するうえで重要になるのが、医薬部外品と医薬品についてです。医薬部外品は、主に症状の予防のために使用するもので育毛剤が当てはまります。医薬品は疾患や症状を治療するもので発毛剤が当てはまります。
以上のことからわかるように、育毛剤は薄毛や抜け毛を予防して毛髪の健康を維持するためのもの。発毛剤は、壮年性脱毛症による薄毛や抜け毛を治療して改善させるためのものと、2つを分けることができます。

渡辺:育毛剤、ここにずらっと並んでるんですけど、ご存じの育毛剤が多いと思うんで……。

効果と使い心地にこだわった育毛剤。3種の有効成分*が、髪の成長サイクルに働きかけ、髪の成長を助けます。50種類の潤い成分配合。アルコールの配合量を抑えたマイルドな使い心地。液だれしにくい泡だから、前髪部分やこめかみ部分にも使いやすい育…

ひろゆき:それは育毛剤の結果ですか?

渡辺:育毛剤ですね。

薬用育毛剤のページです。植物由来の有効成分が頭皮の奥(角質層)まで浸透し、発毛促進します。