育毛の達人公式ブログ

冬場、朝暖かい布団から出るのがつらい、という方も少なくない時期だと思います。
さて、こんな症状はないでしょうか?

———————-
下痢や便秘になりやすい
腰痛、膝痛、肩こりがある
よく頭痛になる
目の下にクマある
顔色、唇、爪の色が青い
寝ても疲れがとれない
———————-

[体温を1度高くすると免疫力が数倍あがる]
と聞いたことがある方も少なくないと思います。

これとは逆に、体温が1度下がると免疫力は約3割も低下するそうです。

しかし低体温が、どうして抜け毛や薄毛につながるんでしょう?

メカニズムとしては、身体が冷えると、血液循環や免疫力が低下、
次に身体の代謝も低下するので、さらに身体が冷えていきます。

結果、疲労がたまり、頻繁に体調を崩したり風邪をひいたりするようになります。

「自分は汗をよくかくので冷え性じゃない」

と思っている人も意外と注意が必要です。
実は汗にも、2種類の汗腺があるのです。

ひとつはエクリン腺
もうひとつはアポクリン腺
という汗腺です。

エクリン腺から出る汗は、暑いときや運動後に、体温を下げるために水分を排出して身体を冷やす役割をします。
後者のアポクリン腺は、緊張したり驚いたときなど、外的刺激で出る汗で、要は「冷や汗」がこれに該当します。

汗をよくかく場合も、都度身体を冷やすことになるので冷えにさらされる時間が増えるのです。

手足、背中、就寝中も冷えを頻繁に感じている人は、身体が冷えている可能性が高いです。
また身体が冷えていても、それに気づいていないケースもあります。

代謝が低下することで、血中内に老廃物が残ってしまいドロドロの状態となります。
このため頭部にしっかりと血液が運ばれにくくなるのです。

体温の目安ですが、体温は個人差があり、また年齢が進むにつれ低下気味になります。
余談ですが人種によっても異なり、日本人の平均体温(10-55歳の男女の平均)は、36.2度という統計があります。

一方、欧米人の場合、肉付き(筋肉量)が多いためか、平均体温は37度程度あるようです。
実に1度近く違います。

そこで低体温予防のために役立つのが筋力アップ運動。

特に鍛えたいのは太ももです。
足、特に太ももは血液のポンプの役割をする大事な部位です。

毎日、1~3分程度あればできるお薦めの運動はスクワットです。
ただ普通の屈伸させるスクワットは膝を痛める原因になるので、壁を利用した空気椅子スクワットがお薦めです。

空気椅子スクワットとは、このイラストのとおりです。

最初は10秒程度、もしくは頑張れる範囲で始め、慣れてきたら時間を延ばしていきます。

1.足は肩幅、背中を壁につける
2.両手を壁につき腰をおろす
3.膝を90度に曲げそのままの姿勢を保つ

忙しい忙しいと思って運動を敬遠しがちの方も、1日1~3分程度なら出来るのではないでしょうか。